museum studies(012)~(013)

記録をつけ忘れていたので、メモ。

  • 【012】(2019/01/07)
    • アイヌ展示の3類型
      • 日本の博物館におけるアイヌ展示のされ方の紹介。(1)アイヌ人を絶滅したものと認識させるような展示、(2)アイヌ人が前近代的な生活をしていると認識されるような展示、(3)現代におけるアイヌ人の生活を正しく?伝えようとする展示。
    • 参加型評価とエンパワメント
      • 博物館が地域貢献して町興し活性化をするためにはどうすればいいか。それには参加型評価を取り入れることで地域住民を巻き込むことで活性化するという手段がある。そのために参加型評価の事例を研究したとの報告。
  • 【013】(2019/01/21)
    • 近世におけるカラス
      • カラスは害獣として理解されるべき存在。ではそんなカラスが害獣として認識されるようになったのはいつからか。それは江戸時代からであるとのこと。それ故、近世の文献におけるカラスに関する記述を収集・整理したものが紹介された。
    • 博物館の日など
      • 2019年に日本で初めて開催されるICOM(国際博物館会議)の大会に関する報告